スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    幸せを贈る

    0

      友人知人にお祝いごと等があると、利用させて頂いている贈り物があります。

      それが、この『地元のギフト』。

      http://gift.jimo.co.jp/

       

      いわゆるカタログギフトなのですが、こちらはラインナップが

      特定の地域の産品で構成されているという特徴があります。

      たとえば、鹿児島県の産品を集めた「鹿児島県のギフト」や

      福島県・西会津町の産品を集めた「西会津町のギフト」など。

       

      私がこれを知ったのは、作っている方が上田の方だったから。

      それ故にもちろんあるんですよ「上田市のギフト」が!!!

      ちょうど5年前に結婚式を挙げたあとにこの存在を知った私は

      もっと早くに知っていれば絶対に引き出物にしたのに・・・という

      悔しさをいまだに引きずっております。

      まぁ、それはさておき。

       

      いつも贈ってばかりだったのが、一昨年出産した際に頂く側になってしまったのです。

      もちろん、「上田市のギフト」です!

      正直、ものすごく嬉しかった・・・!

      だって、これを知った時に『私がもし選ぶとしたらこれだ!』と密かに

      心に決めていた品があったから。

      でも実際に届いたら、あんまりにも魅惑的な商品が多すぎて

      なんやかんやで迷いました。。。

      カタログ自体もこんなにオシャレで

      作り手の方々の顔と思いが伺える仕様になっているので、余計に迷います。

      で、注文が遅くなり、実際にモノが届くまで待っていたら

      紹介するのがこんなに遅くなったという次第なのです。

       

      私が注文したのは、こちら

      「もっちりもちもち極太アスパラ」

      結局、5年前から心に決めていたものにしました。

      そして5月に入り、旬がやってきたので我が家に到着!

      な・・・なんて立派な!!!

      想像以上だった・・・。

      愛用のボールペンと比較しても、この大きさです。

       

      大きさだけでなく、お味も想像以上でした!

      甘いのです。

      アスパラが、まるで果物かというほどに甘くてジューシー!

      近頃野菜を毛嫌いする一歳半の息子が喜んでバクバク食べたくらいです。

      5年間憧れた価値十分の美味しさでした。

      幸せ・・・。

       

      きっとこのカタログに掲載されている商品は、みんなこんなふうに

      受け取った側を幸せにするパワーを持っているのでしょうね。

      やはり、お祝いには最適な逸品です。

      これからも愛用させて頂きます!


      大坂の陣400年の謎 秀頼の薩摩落ち伝説ツアー!

      0
        季節が秋に近づいてきてスッキリしないお天気が続きますが
        皆様如何お過ごしでしょうか。
        私はというと、お腹も9ヶ月に入りまして益々の体の変化に
        戸惑いつつも元気に過ごしております。

        元気なんですが・・・
        やっぱり、色々な催しに参加できないのは寂しいもの。
        特にこんな特別なツアーに行けないのは、本当に残念です!

        『大坂の陣400年 秀頼の薩摩落ち伝説ツアー』
        「花のようなる秀頼様を
         鬼のようなる真田が連れて
         退きも退いたる薩州へ」
        戦の後、大坂で流行したというこの童唄。
        実は豊臣秀頼さん方は大坂で亡くなってはおらず、幸村さまや
        木村重成さんなどと共に鹿児島に落ち延びていたという伝説があります。
        真偽のほどは歴史の謎ですが、鹿児島ではこの伝説にちなんだ
        史跡が残されています。

        このツアーでは、そんな伝説の元に残された秀頼さんと
        幸村さまのお墓参りが出来るというもの!
        特に伝わっている幸村さまのお墓は、なかなか個人で行くのは難関。
        そこにお参りできるというのは、今年ならではのこのツアーならでは!
        うーん、行きたかった!!
        しかも、とても楽しそうな船旅にプレミアムな内容。
        日程は近いですが、参加の価値のあるツアーではないでしょうか。
        詳しくは、こちら↓をご覧下さいませ。

        体験!真田づくしプラン

        0
          さて、先週に行って参りました宮城県は蔵王町!
          幸村さまの血脈・仙台真田氏の郷であるこちらの町では
          これまでも様々な取り組みをされてきました。
          そして以前にもご紹介させて頂きました
          遠刈田温泉の『旅館 源兵衛』さんに「真田づくしプラン 桜梅桃李」が登場!
          7月から始まるモニタープランを前に、いち早く体験して参りました!

          お宿に入ってまず目に入るのがこちら。

          仙台真田グッズが網羅された売店です。
          隣には足のマッサージをしながら仙台真田氏の成り立ちが読めるスペース。

          お部屋に案内して頂く途中の廊下にも

          こんな風にディスプレイされていて、雰囲気を高めてくれます。

          さて、いよいよ特別室「桜梅桃李」へ!
          扉を開けると…

          大迫力の『一閃』がまずはお出迎え。
          この手前の空間には、冷蔵庫や洗面所やトイレがあります。
          そしてその『一閃』を開けると…
          まず目に入るのは、こちら!

          赤備えに抱き角の甲冑!六文銭の陣羽織!
          背後には仙台真田家に伝わる縦六文銭の集合旗に
          幸村さまに関する様々な文言を集めたパネルが。
          さぁ、あなたはいくつ出典がわかるでしょう?
          かなりマニアックなものもありましたよ。

          さて、お部屋に入ってまず左を向くとこちらの『真田幸村という父』の絵。

          仙台真田氏を代表する幸村さまのお子様である
          阿梅さんと大八さんと別れを惜しむ幸村さまの姿。
          仙台に預けられた幸村さまのお子様はまだいらっしゃいますが
          このプランではこのお二人がメイン。
          ちなみにこの扉はクローゼット。
          ここに上着と荷物を仕舞って振り向くと…


          ばーん!!と『日本一の兵』が!!
          子供たちと別れ、最後の戦いにおもむく幸村さまの姿。
          先程の『一閃』と背中合わせです。
          後ろ向きの幸村さまが、『一閃』のあの表情なのでしょうね。

          迫力の絵に向かい合うのは『わすれずの山』。

          蔵王の山々の下で、しっかり歩みだす子供たち。
          この姿を背負っているから、幸村さまも安心して戦えている。
          そんな風に感じさせる配置です。

          お部屋の正面には、こちら。

          このお部屋が出来て一番最初に宿泊されたのが、仙台真田家現ご当主。
          そのお墨付きともいえる書が掲げてあります。
          テレビカバーには、仙台真田氏に深い関わりを持つ3人の武将の
          前立てをデザインした、大人気の手ぬぐいが。
          しかしここは変更になる予定だそうです。
          この手ぬぐいがどこに配置されるかは、プランスタートしてからのお楽しみ。

          テーブルセンターにも家紋が。

          更にプランスタート時には、お茶菓子にも一工夫入るとのこと。
          楽しみですね(^^)

          お部屋のソファスペースには、こちらの絵。

          仙台真田氏の主役といえる4名が描かれた『人物伝』。
          絵は全てこのプランを手がけられた「蔵王山麓真田の郷を磨く会」の
          メンバーの方によるもの。

          これらの絵の解説や仙台真田氏の解説パンフレットなどが
          このスペースで読めるようになるのだとか。
          他にも、まだまだお部屋には追加要素が加わる予定だそうです!

          そして、温泉はこちら。

          許可を頂いて女湯を撮影。

          こちらのお湯は鉄分を多く含んでいます。
          ゆえに、うっすら赤いのがお分かりになるでしょうか。
          そう、ここは赤備えの湯!
          他では真似できないこちらの真田プランの目玉。
          宿泊中は何時でも堪能出来る癒しの湯です。

          そして、プランのお楽しみの特別夕食!

          まだ計画中につき完成形ではありませんが…
          プランでなくては食べられない特別メニューが付きます。

          ヒラメとマグロの六文銭お造り!

          えびの赤備え甲冑焼き!

          地元の名物、無花果を使った羽二重蒸し!
          この他にも、地元の季節の食材を使ったお料理や
          仙台真田氏をモチーフにしたメニューが登場予定。
          これは季節毎に楽しみですね。


          朝食にも、地元の食材が。
          本番ではこのプランならではの特別な食器も使用予定だとか。

          更に、お部屋やお宿の共通スペースを使った宝探しゲームなども予定とのこと。

          そしてこのプランを予約すると『選べる歴史体験』が付きます。
          ご希望により以下のサービスをチョイス頂けるとのこと。
          ○甲冑試着体験
          ○打ち掛け試着体験
          ○紙芝居『仙台真田物語』読み聞かせ体験
          ○仙台真田氏の歴史ばなし聴講
          ○『真田幸村の甲冑姿』の案内人と行く、遠刈田温泉街散策
          このサービスには、このプランを作り上げた蔵王山麓真田の郷を磨く会
          メンバーの皆様がボランティアでご協力されます。
          実際に現地の方と触れあえるのは嬉しいですね!


          これだけ目一杯に全身で仙台真田氏を味わえるのはかなり満足!
          皆様、更にパワーアップされるこのプランをどうぞお見逃しなく!
           
          ご予約はコチラ→蔵王遠刈田温泉 旅館 源兵衛
          お電話→(0224-34-2124)
          真田の間「桜梅桃李」予約サイト


          そして宿泊の際には、仙台真田氏史跡巡りを強くオススメいたします!

          蔵王町に真田づくしプラン現る

          0
            いつもお世話になっている、宮城県は蔵王町の
            蔵王山麓真田の郷を磨く会』さまの会員である
            遠刈田温泉の『旅館 源兵衛』さんより
            限定1部屋の『真田の間 桜梅桃杏』が登場したとの
            お知らせを頂き、早速宣伝するという名目で色々と
            教えて頂いちゃいました!

            蔵王町は、幸村さまの次男・大八さんが始祖の仙台真田家の地。
            幸村さま直系のお家です。
            (仙台真田家の詳しい説明はこちら
            昨年くらいより講演にお呼び頂くなどのご縁で
            私も蔵王には何度かお邪魔しているのですが、その度に
            宿泊させて頂いていたのが、この源兵衛さん。
            10509563_1644341369122700_3245341211134907505_n.jpg
            そんな仙台真田家ゆかりの地で、よりディープに幸村さまと
            知られざる幸村さまの家族の絆に浸れるお部屋が登場!

            以下、蔵王山麓真田の郷を磨く会さまのフェイスブックの
            投稿を参考にさせて頂きながら、その全貌を私なりに
            ご紹介させて頂きます!
            (お写真は磨く会さまよりご承諾を頂き転載いたしました)


            特別室『真田の間 桜梅桃李』
            こちらは限定1室!


            1601375_1644341202456050_1844981590253981151_n.jpg
            お部屋の壁紙や柱は時代風の落ち着いた色合いに。


            磨く会さまの人気商品の手ぬぐいもポイントに使われていますね。
            一方で、前室は幸村さまのイメージカラーである赤に統一。

            なんといっても見所は、室内すべての建具に描かれた5枚の『襖絵』!!
            愛する我が子との別れを惜しむ幸村さま
            11058405_1644341239122713_4233911582967727211_n.jpg
            攻め寄せる徳川の軍勢に立ち向かう幸村さま
            11377318_1644341259122711_1405507070453957913_n.jpg
            決死の形相で太刀を振るう幸村さま
            11232723_1644341272456043_3501951153669706029_n.jpg
            大坂落城の後、亡き父幸村の思い出を胸に、蔵王山麓で暮らす阿梅さんと大八さん
            10996519_1644341282456042_4579417694999242087_n.jpg
            仙台真田氏の歴史上、主要な人物のプロフィール

            また、床の間には赤備の甲冑が展示。
            11059586_1644341322456038_1524871498994517260_n.jpg
            なんと希望により試着体験も出来るんだそうです!

            壁には幸村さまより14代・仙台真田氏ご当主の真田徹氏による
            『勝』の一字の色紙が。
            11295885_1644341339122703_6069401205292103206_n.jpg
            このお部屋に初めて泊まられたのが、真田さんなのだそうです。
            まさに、ご当主の折り紙つき!

            そしてこのプランの特別料理が『仙台真田和ごころ膳』。
            11377318_1644341185789385_9166784891027983614_n.jpg
            『六文銭お造り』
            19517_1644341352456035_3519670098487205934_n.jpg
            『クルマエビの具足焼き』
            『いちじくの羽二重』など真田と時代情緒をイメージしたスペシャルメニュー。
            蔵王の恵みで、お腹でも仙台真田家を味わえるのです。
            何度かお世話になっておりますが、このお宿はご飯が美味しい!
            そして、何といっても宮城の豊かな食の恵は絶品です。

            そして『選べる歴史体験』サービスも。
            宿泊プランご利用の方は、希望により以下のサービスをチョイス出来るのです。

            ○甲冑試着体験
            ○打ち掛け試着体験
            ○紙芝居『仙台真田物語』読み聞かせ体験
            ○仙台真田氏の歴史ばなし聴講
            ○『真田幸村の甲冑姿』の案内人と行く、遠刈田温泉街散策
            このサービスには、真田の郷を磨く会さまの皆様がボランティアでご協力との事。

            そして私のこのお宿のオススメは、特徴的な温泉。
            なんとなんと、こちらのお湯は赤いのです!!
            密かに名付けて「赤備えの湯」!
            まさに真田プランに相応しい温泉だと思います。


            この宿泊プランは、1日一組様限定(1〜5名様)。
            気になる料金は、一人16666円からと、お値段も真田風。
            (1泊2食付き、税込、時期及び曜日により変動)。
            7月1日から販売開始。
            予約受付は来週の6月8日から。
            早速地元でも大きく報道されているようです。


            <遠刈田温泉>真田氏ずくめ宿泊プラン

            また、販売開始にあたりモニター宿泊プランが実施されるとのこと。
            モニター宿泊プランは、1日一組様限定(2〜5名様)
            先着50名で7月中の宿泊限定!
            宿泊後アンケートに答えるという条件で…

            料金はなんと1万円引きの一人6666円!
            (1泊2食付き、税込)
            これは・・・お得なのではないでしょうか!

            予約受付は来週月曜日6月8日からとなります。

            お問い合わせは…
            旅館源兵衛(0224-34-2124)
            http://ryokan-genbei.com/
            『全国の真田ファンのみなさま
            宮城県にご旅行の際は是非とも当プランをご利用くださいませ!!』
            とは、磨く会さまのお言葉。

            実は実は、私も今月末に一足早くモニター宿泊をさせて頂きます!
            その際にはまた、実際に宿泊しての感想をこちらにて
            書かせて頂きますね。


            駿府を愛した戦国武将・今川氏

            0
              やっと行って参りました、こちらの展示!
              DSC_4765.JPG
              静岡に関係する戦国大名では、武田氏の次に好きな今川氏。
              こちらに引っ越してきてまずやったのは、今川氏の史跡巡り。
              特に義元さんのお母さんである、女戦国大名こと寿桂尼さんが
              戦国の女性では一番好きかもしれません。

              DSC_4770.JPG
              チケットと、可愛かったメモ。

              見所は、今川氏親さん、氏輝さん、義元さん、太原雪斎さんの
              木像が展示されていたこと。
              氏輝さんと義元さん、雪斎さんの木像は以前に臨済寺さんにて
              拝見していたのですが、かなり近くでじっくり見れたのも素晴らしかった!
              前も思いましたが、特に雪斎さんの木像は生きているよう。
              色も鮮やかで、実にきれいです。

              展示のパネルは、詳しい人には少し物足りないのかもしれない
              基本的な内容でしたが、今川氏という戦国武将の根本を知るには
              とてもわかりやすく良い内容だったと思います。

              入口で頂いた、このパンフレットもとても良く出来ていました!
              DSC_4772.JPG
              何がイイって、デザインが良い。
              DSC_4771.JPG
              私が今川氏のことを知るきっかけとなった小説『姫の戦国』でも
              重要な登場人物である山科言継さんが義元さんにオススメされたという
              観光コースが紹介されているのが面白い!
              これは良い史跡紹介の視点ですね〜!
              勉強になります!

              展示物で私が一番感動したのが、寿桂尼さんの書状!
              女性ならではのかな文字の公式文書は、新鮮でした。
              そして、女性ゆえに花押が持てなかった彼女が使っていた
              『帰(とつぐ)』の印判。
              これが見られたのは、感無量!
              見入ってしまいました。

              最後に、アンケートに答えたら・・・
              DSC_4768.JPG
              駿府城内にある、家康さんお手植のみかんで作った
              ケーキを頂きました!
              県指定の天然記念物のみかんを、まさか食べられるとは・・・!
              これにはかなりびっくりしましたが、かなり嬉しい!
              こういう特典があると、アンケートにもつい答えたくなっちゃいます。

              ちなみに、アンケートには
              『武田氏支配時代の駿河も知りたい』
              『寿桂尼さんを大河ドラマにしてほしい』
              と書いてきました(笑)。
              いや、本気ですよ!
              今週末までですが、機会がありましたら是非ご覧下さい。
              もしあんまりパッとしないイメージを今川氏に対してお持ちでしたら
              それが変わると思いますよ。

              | 1/7 | >>

              六龍堂

              歴史プロデューサー六龍堂
              早川知佐のブログです。

              歴史に関する事柄
              万、軍師承ります
              mail@rokuryudo.jp

              PR

              Profile

              calendar

              S M T W T F S
              1234567
              891011121314
              15161718192021
              22232425262728
              293031    
              << October 2017 >>

              Selected entries

              Links

              Categories

              Archives

              Recent comment

              Recent trackback

              mobile

              qrcode

              Search

              Others

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM