スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    女の世界

    0
      先日、ずっと行きたかった展示に行ってきました。
      大好きな山種美術館で開催されていた
      私の大好きな日本画家・上村松園さんをはじめとする
      女流画家の方々の展示です。

      私が六龍堂のユニフォームとして着物を着はじめた頃に
      出会った先生に、美しい着物のきこなしの
      見本として松園さんの絵を見せて頂き、その美しさに魅了されたのでした。
      昨年は奈良にある松園さん三代の美術館にも伺いました。
      そのくらい、好きです。

      山種美術館さんは晩年の松園さんと交流があり、作品も多く所持しています。
      それが松園さん生誕140年を記念して一挙公開!
      ということで、張り切って観に行きました。

      松園さんは、当時珍しい女流画家としての成功を若くしておさめた方。
      それ故に周囲のやっかみや妨害にも遇い、苦労もされた方。
      更に当時としてはセンセーショナルな未婚の母。
      今ですらこんな境遇は色々言われてしまうのに、当時は一体どんな誹謗中傷があったのか…。
      その中でもひたすら真っ直ぐに絵に向かい、名画を生み出していった彼女に心から惹かれます。
      松園さんは40歳の時にスランプに陥り復活を遂げます。
      その後ますます絵に輝きが増すのですが、特に60歳を超えた辺りから
      線に迷いが無くなり、描かれる女性にもピンと張った糸のような美しさが加わります。
      今回の展示に出ていたのは、そんな時期の絵。
      まさに、眼福でした。

      特に、有名な『牡丹雪』。
      ふと、右側の女性の口元から吐かれる白い息が見えた気がしてしまう程でした。

      絵が呼吸をしている。
      そんな風に感じられるくらいの作品です。

      そして今回、一番感動したのが『庭の雪』。

      松園さんが亡くなる前年に描かれたもの。
      画家としての集大成のような、素晴らしい絵でした。
      若い頃の儚い女性、スランプ間際の哀しい女性
      復活後の強い女性、そして熟年期の凛とした女性。
      そのどれとも似ているようで似ておらず、まさに生きた女性をそこに産み出したかのような絵。
      松園さんの生きざまが、この美しい女性に集約されているようで
      それでいて満足感というか優しさというか、ゆったりしたものが流れていて
      時間を忘れてしまう絵でした。

      他の女性画家の方々の作品も素晴らしかったです。
      なんていうか、女性独特の細かさが絵にありました。
      男性の細かさとはまた違った…拘りというか、絵への愛着というか
      そんなものが表現されていたように感じます。


      さて、山種美術館といえばこちら。
      併設のカフェにて恒例の絵をモチーフにした和菓子!
      今回は松園さんの絵を元にした三種類がありました。
      選べなかったので、ひとつをその場で頂いてふたつを持ち帰りました。


      今回のポスターにも使われた『新蛍』がモチーフの『初ほたる』。

      団扇と簾と蛍の表現がたまりません!
      柚子あんが爽やかで、まさに絵の世界。


      名画『砧』を元にした『夜長』。
      布をイメージした練りきりの中には胡麻あん。

      これがすごく美味しい!!
      銀箔が、凛とした女性の雰囲気を感じさせます。


      先ほど書きました『牡丹雪』から『ぼたん雪』。

      オーソドックスな練りきりでしたが、傘に降る雪の表現が素晴らしい!
      とってもとっても素晴らしく、美味しいお菓子でした。

      絵の余韻をお菓子で持ち帰り、大満足の展示でした。

      鳥獣戯画!

      0
        京都で開催されていた時から行きたくて行きたくて
        仕方がなかった展示に行って参りました。
        そう、今話題の『鳥獣戯画 高山寺の至宝』です!
        DSC_5111.JPG
        連日とてつもない数の人が訪れものすごい待ち時間だと
        聞いていたので、ゆっくり昼過ぎから行ってみました。
        すると・・・
        待ち時間、10分!
        これはしめた!と思ったら、これは入館までの時間。
        中には、一番有名な鳥獣人物戯画の甲巻を見るのに
        3時間近い行列が出来ていました。
        いやー、すごい!
        DSC_5110.JPG
        平成館の入口が、とっても可愛くなっておりました^^

        鳥獣人物戯画ばかりが注目されていますが
        名刹・高山寺が所持しているお宝の数々の展示も見逃せない!
        ということで、甲巻の列には並ばずに順番に見ていくことにしました。

        特に面白かったのは、高山寺の栂野開帳の再現展示。
        仏師・運慶さんの息子である潭慶さんが
        彫ったと言われる対の神鹿の素晴らしいこと!!
        珍しい動物彫刻というだけでも見ごたえがありましたが
        まるで生きているかのような鹿は
        いつまでも眺めていても飽きないものでした。
        同じく、潭慶さんが彫ったのではと言われる子犬がまた可愛らしい!
        コロコロとした愛らしい姿で
        何年も撫でられて愛でられていたような跡があるのも印象的でした。
        DSC_5113.JPG
        レプリカも可愛い!

        高山寺中興の祖である、明恵さんにまつわる展示も面白かったです。
        いや、明恵さん自体が面白いといいますか・・・。
        執権・北条泰時さんが相談に訪れるほどの高僧に対して
        『面白い』も失礼かもしれませんが・・・非常に興味深い方!
        特に、19歳の頃からつけていたという夢日記を読んでみたい!

        そして、もうひとつの国宝絵巻である
        『華厳宗祖師絵伝』が面白かったです!
        今まで見てきた絵巻の中で、一番ストーリーが読み取りやすかった
        というのもあるんですが、絵も美麗だし注釈なんかも新鮮だし
        すごく興味深く見入ってしまいました。


        そして、いよいよ鳥獣人物戯画!
        結局有名な甲巻は断念してしまったのですが、甲巻の断簡は見られました。
        やっぱり・・・ダントツに絵が上手いのは甲巻!
        単純に絵が上手いというのもあるのですが、描いているご本人が
        すごく楽しんで描いているんだろうなぁという感じがするのです。
        それは、甲乙丙丁を通じて全ての絵から感じられたこと。
        そして、人間の喜怒哀楽や何かを面白い、愛おしい、可愛いと感じる心は
        1000年の昔から何一つ変わってはいないんだなと思いました。
        それが感じられるからあの絵巻たちはあんなに生き生きとしていて
        この長きに渡って愛されているのだろうな、と。
        国宝という以上に、この事に気づかせてくれたことによって
        「ホラ、人間にとって何が大切だかわかっただろう?」
        と問われているようなこの感覚に、とてつもない価値を覚えました。
        この絵がお寺にある意味が、少し分かったような気も。

        グッズも充実していました!
        お金がいくらあっても足りないほどに^^;
        とりあえず、図録は必須!
        DSC_5120.JPG
        図録バックを、思わず購入してしまいました。
        DSC_5121.JPG

        いつかまた、今度は甲巻もじっくり見たいものです!
        DSC_5112.JPG

        明治の景色と、鳥と花と

        0
          ぶらぶら美術館巡り、書けていませんでした;
          ということで、少し前と最近行った展示を二つまとめて。

          一つ目は、静岡市立美術館で開催されていた『小林清親展』。
          11042996_796187300466751_7523462383711693816_n.jpg
          “光線画”と呼ばれる独自の浮世絵で一世を風靡し、その後に
          戦中の新聞などの風刺画を経て、美しい絵を描いた幕末から大正時代の人。
          元はなんと幕臣で、鳥羽伏見の戦いや上野の戦いなどにも参加した
          れっきとした武士。
          その後、ほかの幕臣の方々と一緒にここ静岡にて一時暮らしました。
          今や世界遺産の、三保にお住まいだったそう。
          そのご縁で、今回の展示が行われたのですね。

          その後絵を志し、近代化が進む東京の風景を浮世絵で描き
          「最後の浮世絵師」「明治の広重」などと呼ばれます。
          この浮世絵が、光線画とよばれるもの。
          10394627_796187320466749_3895536097893142064_n.jpg
          私はこの方の絵は今回初めて見たのですが、きっとどこかで見ていたのでしょう。
          知っている絵がたくさん!
          木版画とは思えない繊細な線と、淡い色使い。
          和洋折衷の町並みとマッチした、浮世絵の技術と洋風の画法。
          清親さんのセンスと、江戸の彫師・刷師たちのプライドが光る
          素晴らしい絵の数々でした。
          特に、雲と夜の表現が素晴らしかったです!

          風刺画になってからは、元々の絵の上手さが際立っていました。
          そして、最後に展示されていた肉筆画の素晴らしさたるや・・・!
          すかり、ファンになってしまいました。
          また見たいなぁ・・・。


          さて、こちらは先日所要があって東京に行った時に見に行ったのが・・・
          DSC_4792.JPG
          大好きな山種美術館の『花と鳥の万華鏡』。
          一番好きな画家である上村松園さんの息子さんである
          上村松篁さんの「白孔雀」(チラシ上部)が展示されると知って
          見に行きました。
          他にも、最近気になっている速水御舟さんや奥村土牛さんの絵も
          こちらで知り、今回も展示されるとあってワクワクv

          絵の中でも、花の絵に非常に興味のある私。
          きっと、本物の花には決して敵わないであろう花を
          画家たちがどうやって描くのかに興味があります。
          そこには、その画家が見た花の美しさが表現される。
          年年歳歳同じく咲く花を、他人の目線で見ることが出来るのが
          花の絵なのではないかと思うのです。

          今回の展示は少々小ぶりではありましたが、中でも一番最初に
          展示されていた墨で描いた牡丹が素晴らしく、今でも忘れられません。

          さて、山種美術館さんを訪れる楽しみといえば・・・
          DSC_4791.JPG
          展示の絵をモチーフにした、和菓子!
          菊池芳文さんの「花鳥十二ヶ月」より《桜》。
          季節感で選んでしまいました!
          相変わらず、美しくて美味しくて大満足!

          こちらの美術館では、次回の展示が私の大好きな松園さん!
          楽しみで仕方ありません。

          さて、次はどの展示を見に行こう・・・。
          見たい展示は、山ほどあるのです。

          美と暮らしが溶け合う世界に

          0
            現在の地元・静岡にて、ずっと行ってみたかった美術館が
            ありました。
            着物好きなら行ったほうが良いと言われていた場所で
            こちらに来てからちょくちょく気になっていた名前でもある
            芹澤げ陲気鵑糧術館です。
            この度、彼の師である柳宗悦さんとの関わりをテーマにした
            企画展示が行われると聞いて足を運びました。
            柳宗悦さんは、私の好きなデザイナーである柳宗理さんのお父様。
            DSC_4860.JPG
            (柳宗理さんの代表作、我が家にある「バタフライ・スツール」)
             
            「美と暮らしが溶け合う世界」を目指し、庶民が庶民の為に作る
            工芸品の中に美を見出し、それに「民藝」という名をつけて広めていく
            “民芸運動”の代表者。
            柳さんの思想と美を見出す眼によって、大きく世界に飛躍した芹澤さん。
            その二人の展示となっては、興味津々です!
             
            場所は、歴史の教科書に必ず出てくる登呂遺跡のお隣にある美術館。
            登呂遺跡までは行ったことがあったのですが、その先に進んだことのない
            私を迎えてくれたのは、こちらの素晴らしい空間!

            入口から、なんと美しい!
            (ただし、写真を撮る際にバランスを少々失敗・・・)
            美術館自体もとっても素敵な建物です。

            芹澤さんは、今で言えばデザイナー。
            そして彼の作品は「型染」で作る、暮らしに関わるものたち。
            クッション、風呂敷、本の装丁、屏風、のれん、バッグ、そして着物など。
            一番有名なのは、こちらのカレンダーかも。
            DSC_4866.JPG
            なんとも温かみがあり、それでいて色のセンスは抜群で
            そこにあるだけで普段の景色を鮮やかに彩ってくれる生活必需品。
            芹澤さんの作品は、総じてそういう印象でした。
            特に、沖縄の紅型(びんがた)を知った後の色使いは、圧巻!
            ぐぐっと作品の存在感が増しておりました。
             
            芹澤さんは静岡の出身ということで、ふるさとの景色を描いたものも
            多々ありました。
            安倍川や
            DSC_4861.JPG
            久能や
            DSC_4862.JPG
            竜爪山
            DSC_4863.JPG
            という、私も最近やっと馴染みが出てきた景色なのですが
            地元の方にはまさに「これぞふるさと!」といったものを
            愛情たっぷりに描いていたこの作品が、とっても印象的でした。
            そして、静岡といえばやはり富士山。
            DSC_4865.JPG
            こののれんの、思い切ったデザインは秀逸だと思います!

            そして、哲学者でもある師の柳さんに影響を受けた作品も多々。
            私が今回最も感じ入った作品もこの中にありました。
            それが、こちら。
            「今よりなきに」

            DSC_4864.JPG
            「今しか、ないのに」という意味の言葉。柳さんの解説によれば
            永遠とは遠い未来を持つものではなく、即今の内裡になければならぬ。
            本当の命は、今以外にはない。古さと新しさの別とは関係がない。
            のだそうだ。
            「永遠」や「命」とは、過去から未来に続くものではなく、この「今」
            にしかないのだということだというのです。
            その「今」に、こののれんをくぐる度に気付いて欲しいというのが
            芹澤さんがこの作品にこめた思いなのかもしれない、と。
            ふんわりとした作風のおかげで、そんな哲学が説教じみて見えなく
            すんなりと心に入ってくるのが素晴らしいと思いました。
            是非、私の生活空間に取り入れたいのれんです。いつか、買おう。
            いやいや、「いつか」ではいけないのだ。「今」しかないのだから。
            (ミュージアムショップに無かったんです。無念。)

            『美』というものに対しての考え方が、少し変わった気がした展示でした。
            特別ではないけれども、とことんまでのこだわりの中に存在するもの。
            それは、もしかしたら無くても生きてはいけるもの。
            でも、あると良いもの。
            『美』というものを違う言葉で言い換えるのならば、それを私は
            『潤い』と表現するかもしれません。
            私も美しいものが大好きです。見るものももちろん、文章や心の持ちようや
            生き様や信念も、美しいものが好き。
            美しいものとそうでないものの違いとは、触れた時にしっとりとした
            潤いを持っているか否か、なのかもしれないと思うのです。
            それは、もしかしたら無くても生きてはいけるもの。
            でも、あると潤うもの。
            それが、私の好きなもの
            DSC_4867.JPG
            美術館の近くに芹澤さんの家が移築されていて見学ができるのですが
            この家がまた素晴らしかった!
            今ではありふれた印象のある「民芸」というものを、改めて見直したいと
            思いました。
             

             

            へうげものに会いに

            0
              先日の「東山魁夷と日本の四季」に行った際に
              こちらにも行っておりました。
              DSC_4811.JPG
              没後400年 古田織部展

              久し振りの歴史ものの展示で、テンションも上がります。
              会場は、平日というのに大混雑!
              どちらかというと、茶道をやってらしたり、器に
              興味のある方が多かった印象でしたが、歴史目的の私も
              大いに楽しめた展示でした。
              私は、古田織部さんといえば、主に・・・

              こちらを読んで知ったクチ。
              独特の表現が、この漫画の特徴でもありますが
              今回この展示で織部さんの作品などを見て、漫画の表現が
              大げさでもやりすぎでも何でもないことに気付かされました。
              織部さんの独創的な世界観は、そのまま見せてしまっては
              現代の私たちにはとりたててインパクトはありません。
              しかしあの時代の人々が受けた衝撃は、漫画を読んだ私たちと
              同じモノだったんだろうなぁ。
              そんな風に感じることが出来ました。

              そのくらい、当時の感覚や「常識」と比べてみると・・・
              変わっているのです、この方は。
              独創的・・・いや、自由・・・ううん、大らか・・・これも違う・・・
              そう、私の知る言葉で表現するなら多分「素直」が一番近いのかも。
              『俺はこれがいいんだ!これが好きだ!』
              という、素直な数寄心が溢れ出るような印象を受けました。
               
              実は昔からお茶の世界に興味を持っていた私。
              昔に色々調べて、上田宗箇流の門を叩こうと思った時期がありました。
              何故この流派かといえば、ここが『武家茶』のスタイルを
              残しているから。
              流派の名前にもなっている始祖の上田宗箇さんは、戦国武将。
              そして古田織部さんのお茶の弟子でもありました。
              彼が、師である織部さんのスタイルを継承して築き上げたのが
              この流派というわけなのだそう。
              会場では、その憧れの御点前の様子がビデオで観られまして
              ついつい見入ってしまいました。
               
              茶碗などは
              「私は織部さんと茶碗について意見が合わなさそうだ・・・」
              と思ったのですが、会場内に設えてあった“織部好み”の茶室は
              とっても素敵でした。
              現代の、それも海外のデザイナーが設計したと言っても通用するくらい
              モダンな窓の配置。
              それによって、明るく開放感のある室内。
              でも随所に見られる天邪鬼なまでのこだわり。
              面白かったです。
              この部屋だからこそ、あの茶碗たちなんだというのも納得。
              本当にお茶って、全てで楽しむものなんですね。
               
              展示の最後に、織部さんの最期が文章になっていました。
              400年前、大坂の陣でかけられた疑いにより、切腹して果てた織部さん。
              おりしもその最期は、師である千利休さんと同じ。
              しかも、言い訳もせずに
              「この上は申しひらくことも無い」
              と足掻きもせずに腹切ったところまで同じ。
               
              憧れの師と同じ道を辿りたかったのか、
              これが彼の数寄なのか、
              はたまたこれが彼の求めた死に場所だったのか、
              答えは400年前にしかありませんが、茶器から素直で明るい印象を
              受けていただけに、この事はかなり私にとって気になります。
              昔に読んだ「割って、城を」という司馬遼太郎さんの短編小説を
              思い出しました。また読んでみようかな。
              漫画でここがどう描かれるかも、楽しみです。

              | 1/2 | >>

              六龍堂

              歴史プロデューサー六龍堂
              早川知佐のブログです。

              歴史に関する事柄
              万、軍師承ります
              mail@rokuryudo.jp

              PR

              Profile

              calendar

              S M T W T F S
              1234567
              891011121314
              15161718192021
              22232425262728
              293031    
              << October 2017 >>

              Selected entries

              Links

              Categories

              Archives

              Recent comment

              Recent trackback

              mobile

              qrcode

              Search

              Others

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM