スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    内側から見る歴史

    0
      私は時代劇で育った人間なので、好きな俳優さんと聞かれれば
      間違いなく時代劇俳優さんしか出てきません。
      その中でも5本の指に入る好きな俳優さんであるのが、この方。
      高橋英樹さん。
      もう「ミスター時代劇」とお呼びしてもいいのではないだろうか。

      その高橋英樹さんの著書が出たとお伺いしたので
      早速読ませて頂いています!

      高橋英樹のおもしろ日本史

      高橋英樹さんが、これまで演じてこられた歴史上の人物についてや
      お城や殺陣についてなどを語られているエッセー集。
      ご自身が無類の歴史好きということに加えて、やはりその人物に
      なりきって演じている方のお話というのは、一味違います。

      私は以前から、歴史上の人物を演じるという事柄に
      妙に関心があるのです。
      他人を演じるということ自体が全ての感性と想像力を
      使い切らないと出来るものではないと思うのに、実際に過去に
      生きていた人物を演じるというのは、生半可なパワーではやりきれないと
      想像出来るからです。
      そして、その人物を「外側」からでなく「内側」から見られる。
      その時代を、その人物と関係のあった人物を、その目で見られる。
      それは、到底私には見られない景色。
      ものすごく興味があります。

      これは、それを垣間見させてもらえる感覚で読ませて頂けます。
      そして、説明がお上手なんだなぁ・・・と感服。
      中にはなかなかマニアックな人物を演じておられるのですが
      その説明もわかりやすいのです。
      それが、奇をてらったわかり易さではなく、自然。
      これは、その人物を内側からみたからこその自然さなんでしょうね。
      この自然さで歴史を語れるというのは、私の目標。
      なので、色々な意味で興味深い一冊です。
      この刊行を記念してサイン会もあるのだとか!
      いいなぁ・・・一度お会いして、歴史の話をしてみたいなぁ。。。

      スポンサーサイト

      0

        コメント
        コメントする








            
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        六龍堂

        歴史プロデューサー六龍堂
        早川知佐のブログです。

        歴史に関する事柄
        万、軍師承ります
        mail@rokuryudo.jp

        PR

        Profile

        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << September 2019 >>

        Selected entries

        Links

        Categories

        Archives

        Recent comment

        Recent trackback

        mobile

        qrcode

        Search

        Others

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM