帰ってきた 六龍堂×こはぜ会で鎧噺―大坂の陣の鎧と軍装―

0

    昨日の「真田丸」の犬伏の別れは、エピソードのイメージにある

    悲壮感が無く、ただ未来を信じる明るい親子の姿に描かれていて

    すごく救われた気がしました。

    歴史を知っている私たちからすると悲しい出来事なのですが

    当の本人たちは、本当にあのくらい明るく別れたかもしれません。

    とてもとても、素敵な犬伏の別れでした。

    ただ、それでも涙は止まりませんでしたが。

     

     

    さて、イベントの告知です。

    来月、久し振りに東京のイベントに参加します!

    去年ご好評を頂きました、あのイベントの再演です!

     

    『帰ってきた 六龍堂×こはぜ会で鎧噺―大坂の陣の鎧と軍装―』

    開催日時 2016年10月1日(土)
     18:00開場
     18:30〜20:00講演
     20:00〜22:30フリータイム(予定)
     ※22:30close
    入場料 3000円(フリーフード付)

    お問い合わせはこちらまで→ kohaze_kai@yahoo.co.jp
    またはfacebookのイベントページをご覧下さい。

    https://www.facebook.com/events/1779357978952333/

    人数限定イベントにつき、事前の申し込みが必要です。

    ※昨年7月と8月に開催しました鎧噺の再演です。

    大河ドラマ「真田丸」のクライマックス 大坂冬の陣と夏の陣。
    ドラマがいよいよ佳境に向かっていくであろう10月1日(土)に
    真田幸村を愛してやまない歴史プロデューサーの六龍堂と
    (一社)日本甲冑武具研究保存会のこはぜ会がまた!?タッグを組んで
    大坂の陣の頃の甲冑と軍装についてお話しします。

    徳川家康が立てた江戸幕府のその後の200年近くに渡る支配を

    揺るぎないものにした大坂冬の陣と大坂夏の陣。
    でもそこに参加した武将達が纏った鎧の実像は知られているようで

    意外と知られていなかったりして…。

    六龍堂がいるからには外せない

    「真田の赤備えってホントはどんなものだったの?」的なお話の他
    「大坂の陣BEST甲冑ニストは誰だ!?コンテスト」を開催。
    当時の甲冑という視点から日本史上に残る一大合戦「大坂の陣」の頃の時代と、
    それを纏った武将達のいつもとちょっと違う一面を覗いてみませんか?
    多くの人が知っていそうな歴史の出来事を日本の鎧という視点から

    覗いてみるちょっと風変わりなイベントです。

    フリータイムではこはぜ会のメンバーが皆さんの鎧に関する疑問質問にお答えする他、
    江戸時代の甲冑の着付け体験なども予定しています。

     

    皆様のお越しをお待ちしております!!


    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    六龍堂

    歴史プロデューサー六龍堂
    早川知佐のブログです。

    歴史に関する事柄
    万、軍師承ります
    mail@rokuryudo.jp

    Profile

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    Selected entries

    Links

    Categories

    Archives

    Recent comment

    Recent trackback

    mobile

    qrcode

    Search

    Others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM