『帰ってきた 六龍堂×こはぜ会で鎧噺―大坂の陣の鎧と軍装―』再告知!

0

    昨日の「真田丸」、言葉もありません・・・。

    九度山の昌幸さまのお墓は、とても穏やかで静かで

    清々しい空気でいらっしゃるので、無念で亡くなっていく

    あの描写が、辛くて辛くて仕方ありませんでした。

    亡くなられてから、その魂が上田に帰ったことを願ってやみません。

     

    今回これだけ昌幸さまが注目されたことによって

    上田においての昌幸さまの顕彰が、活発になることを願ってやみません。

     

    さて、いよいよ舞台は大坂の陣へ。

    その前に、大坂の陣のこと、甲冑から予習してみませんか?

    以前も告知させて頂きましたイベント、ついに今週末開催です!

     


    『帰ってきた 六龍堂×こはぜ会で鎧噺―大坂の陣の鎧と軍装―』

    開催日時 2016年10月1日(土)
    18:00開場
    18:30〜20:00講演
    20:00〜22:30フリータイム(予定)
    ※22:30close
    入場料 3000円(フリーフード付)

     

    お問い合わせはこちらまで→ kohaze_kai@yahoo.co.jp
    またはfacebookのイベントページをご覧下さい。
    https://www.facebook.com/events/1779357978952333/
    お申し込み無くとも、飛び込みでの参加OKとなりました!

     

    ※昨年7月と8月に開催しました鎧噺の再演です。

     

    大河ドラマ「真田丸」のクライマックス 大坂冬の陣と夏の陣。
    ドラマがいよいよ佳境に向かっていくであろう10月1日(土)に
    真田幸村を愛してやまない歴史プロデューサーの六龍堂と
    (一社)日本甲冑武具研究保存会のこはぜ会がまた!?タッグを組んで
    大坂の陣の頃の甲冑と軍装についてお話しします。

     

    そして前回の告知で書きそびれてしまいましたが・・・

    今回は、イベントに簡単なドレスコードを用意しました。
    それは、ずばり「赤いものを身につける」こと!
    鎧噺の中心になる
    『大坂の陣で真田幸村は本当に赤備だったのか』
    という謎の検証をいたします。
    なので、皆さんも何か「赤いもの」を身につけて
    1615年の茶臼山気分を味わいましょう!
    久し振りに皆様とお会い出来るイベントとなります。
    皆様のお越しを、心よりお待ちしております!

    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    六龍堂

    歴史プロデューサー六龍堂
    早川知佐のブログです。

    歴史に関する事柄
    万、軍師承ります
    mail@rokuryudo.jp

    Profile

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    Selected entries

    Links

    Categories

    Archives

    Recent comment

    Recent trackback

    mobile

    qrcode

    Search

    Others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM