一年の終わりに

0

    全く更新が出来ないまま、年末になってしまいました。
    SNSをご覧になっていない皆様には

    ご心配をおかけしてしまったかもしれませんが
    私は元気です。


    1歳を過ぎてますますやんちゃになる息子と、有り難いことに
    途切れることなく頂けるお仕事をうまく裁くことが出来ず
    更新が滞ってしまっておりました。
    書きたいことがたくさんあったのに・・・
    ご紹介したいものがたくさんあったのに・・・
    無念です。

     

    「真田丸」最終回にはせめて更新したかったのですが・・・
    気が付いたら、本日の総集編まで終わってしまっておりました。
    当初は「幸村さまが自害?!諦めないっていってるのに?!」とか
    行く末がハッキリしない終わり方とか、回収されていない伏線に
    モヤモヤしておりましたが、今日の総集編を見て、なんかそんな事も
    本当にどうでもよくなってしまい・・・。
    こんなに素晴しく盛り上がった大河ドラマが真田であったことに
    ただただ、感謝するだけでした。
    この盛り上がりを大切に、真田縁の地を引き続き盛り上げていく事が
    この感謝を表す事なのかなぁと思っております。
    もっともっと真田家のこと、上田のこと、ゆかりの地のこと
    戦国時代のこと、その前後のこと、もっともっと勉強して
    この感謝を表していきたいと思いました。
    そんな風に思わせてくれた大河ドラマでした。
    本当に本当に、ありがとうございました。
    このバトンを落とさずに、走り続けます。


    今年ももう終わり。
    今年の一文字は「金」でしたね。
    私も毎年、自分の今年の一文字を考えているのですが、今年は・・・
    「小」
    でしょうか。

    文字通り、小さい人である息子に振り回されっぱなしの一年であり
    自分の小ささを目の当たりにした一年でもありました。
    でもそのおかげで、真田丸第一話の頃は寝ているだけだった息子が
    最終回には伝い歩きをするようになっており、1年という時間で
    人間が成し遂げられる成長に驚かされました。
    この子はこんなに成長しているのに、私はこの一年で何が出来ただろう。
    それを思うと情けない限りですが、この後もぐんぐん成長していく息子に
    負けないよう、私も成長していきたいと思いました。
    そう思わせてくれた事に、感謝です!

    こんな状態でも、私のことを忘れずにご縁を下さった皆様や
    お仕事を下さった皆様、お声をかけて下さる皆様がいらっしゃることを
    心底有難いと思いました。


    さて、総集編も見終わり、年賀状も投函できました。
    今年も素敵な年賀状を作って頂きましたので、来年早々に
    ご紹介させて頂きます。
    来年も無理せずのペースでの更新とはなりますが
    今よりはちゃんと皆様に近況をお知らせしたいと思います。

     

    本年も六龍堂をご贔屓下さいまして、ありがとうございました。
    来年はより一層、自分と皆様のご期待にこたえられる私でいたいと思います。

    どうぞ皆様、良いお年をお迎えくださいませ。


    2016年12月30日 六龍堂 早川知佐


    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    六龍堂

    歴史プロデューサー六龍堂
    早川知佐のブログです。

    歴史に関する事柄
    万、軍師承ります
    mail@rokuryudo.jp

    Profile

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    Selected entries

    Links

    Categories

    Archives

    Recent comment

    Recent trackback

    mobile

    qrcode

    Search

    Others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM