私を磨く砂

0

    もう残り数時間ですが、本日5月3日は小説家・池波正太郎先生のご命日です。

    池波忌であるこの日は毎年手を合わせ、先生の本を開きます。

    本当は先生の行きつけだったお店に立ち寄って思いを馳せるくらいのことはしたいのですが・・・

    あと、先生が最期に召し上がったというウナギくらい食べたいのですが・・・

    現在なかなかそうもいかないので、先生の本を開きます。

     

    この日に開くのは、いつも決まってこの本。

    私のバイブル『男の作法』です。

    私は女ではありますが、ここに書かれているのは性別関係なく「人間」として

    大切なことだと思っているので、『人間の作法』だと思って読んでいます。

    一年に一回、この本をパラパラと読んでいって

    ああ、これは最近出来ていないな とか

    しまった、近頃この精神を忘れていた とか

    現在の自分を見直す、良い機会なのです。

     

    色んな気付きを与えてくれる本ではあるのですが、肝心なのは

    「すべての事は男を磨く砂である」

    という一文。

    何か辛いことがあってもこの言葉を思いだし、今この事で自分は磨かれているんだ

    これを糧にして自分を磨いてやろう、と思っています。

    この言葉のおかげで、私はかなりポジティブになったと思う。

     

    そして何より、歴史にどっぷりはまるきっかけとなったのは先生の小説おかげ。

    生き方の視野を広げてくれたのは、先生の『鬼平犯科帳』のおかげ。

    「人間としての強さ」を教えてくれたのは、先生の『剣客商売』。

    真田家と上田市の素晴しさを教えてくれたのは、先生の『真田太平記』。

    食を楽しむことを教えてくれたのは、先生の『散歩の時、何か食べたくなって』。

    本当に私の今の作ってくれたのは、先生の文章のおかげなのです。

     

    だから、私にとって今日はとても大事な日。

    色々と先生ゆかりのものに浸ってもいたいけれども、一番大切なのは

    先生が教えてくれた私の『芯』を見直すことだと思うので

    私は、この本を開くのです。

     

    合掌。


    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    六龍堂

    歴史プロデューサー六龍堂
    早川知佐のブログです。

    歴史に関する事柄
    万、軍師承ります
    mail@rokuryudo.jp

    Profile

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    Selected entries

    Links

    Categories

    Archives

    Recent comment

    Recent trackback

    mobile

    qrcode

    Search

    Others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM