5月7日の旅

0

    行って参りました、幸村さまのご命日詣り。

    本当は九度山も高野山も行くのが恒例ですが、息子が生まれてからは

    日帰りにならざるを得ないのが残念です・・・。

     

    早朝の新幹線で、一路大阪。

    天王寺の安居天神へ向かいます。

    幸村さまの最期の場所と伝わる神社。

    亡骸を葬られたお墓が伝わっていないので、私は毎年こちらの石碑に

    手を合わせています。

    隣に建てられた銅像も、この日は何だかいつもより生き生きと見えます。

     

    手を合わせて祈ることは、いつも同じです。

    幸村さまを、真田家を知ってから広がったご縁に感謝し

    幸村さまや大坂の陣で散った皆様のご冥福を祈る。

    願いは、ただ静かに眠って欲しい、それだけです。

     

    この御命日詣りも2006年から続けているのですが、最初の頃から

    見かけていたこのねこさん。

    なんと17年もこの神社に居るんだそうです。

    もしかしたら、幸村さまの魂を守っているのかも・・・。

     

    安居神社の正面の一心寺さんが作られたシアターで、大坂夏の陣の

    史跡を案内してくれる映像を観させて頂きましたが、これがまた面白い!

    史跡巡りの前にはオススメです。

    シアターを出ると、正面は幸村さまが着陣した茶臼山。

    「ツツジの咲いたるような」と評された赤備えのような、ヤマツツジが

    史跡を彩っていました。

     

    さて

    ゆっくりと史跡も巡りたいところですが、京都へ向かいます。

    石庭で有名な、某お寺へ向かいます。

    このお寺のある塔頭に、幸村さまとそのご家族の墓所があります。

    一部では有名な場所なのですが、お寺側の意向で一般公開はしていないので

    あえて私は詳しくは申し上げません。

    一度だけ取材で中に入らせて頂きましたが、正室の竹林院さまのお墓と

    娘姫さまのご家族と共に、ひっそりと静かなお墓でした。

    邪魔をしてはいけない雰囲気だったので、それ以来遠くから手を合わせるだけにしています。

    先述のように、亡骸がどこに葬られているかはわかりません。

    でもこの場所は何か特別な気がして・・・毎年訪ねているのです。

    毎年この時期は、新緑が本当に美しいのです。

    ちょうど塔頭の前で手を合わせていたのが、幸村さまが亡くなったと

    言われている時間でした。

     

    ここではもう一つ恒例が。

    名物の湯豆腐を頂きながら、綺麗なお庭を眺めて幸村さまに思いを馳せるのです。

    ゆっくりした時間の中で、じっくり幸村さまのご冥福を祈る。

    これが私の大事な時間なのです。

     

    甘い香りの藤に見送られて、402年目の御命日詣りも無事に終了。

    安居神社も京都のお寺も、変わらず静かで柔らかい時間が流れていました。

    それが幸村さまの魂が安らかな証のようで

    私は嬉しくなって、少し泣いてしまうのです。


    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    六龍堂

    歴史プロデューサー六龍堂
    早川知佐のブログです。

    歴史に関する事柄
    万、軍師承ります
    mail@rokuryudo.jp

    Profile

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    Selected entries

    Links

    Categories

    Archives

    Recent comment

    Recent trackback

    mobile

    qrcode

    Search

    Others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM